つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

臨床教育1分間指導法(Six Micro-Skills for Clinical Teaching)

研修医を指導するのに、臨床教育1分間指導法というのがある。米国で考えられた手法であるが、現代の臨床教育でも用いられているので紹介する。管理人はこの指導法を聴いたとき、マニュアル的だなと感じたが、指導の要素を漏らさずに含んでいるので、手短に指導するときにはこれに従った方がうまくいくことが多い。しかし、うまくいくかどうかは指導医のスキルによるところが大きい。指導医自身の感情のコントロールと指導すべき内容を持ち合わせていないと、形だけまねしても失敗する。特に、研修医を責め立てる指導医は、かなりの修練が必要だと思う。いかがだろうか。

■臨床教育1分間指導法(Six Micro-Skills for Clinical Teaching)

1. Get a commitment(研修医の考えを聞く)

2. Probe for supporting evidence(研修医から根拠を聴く)

3. Teach general rules(一般論を示す)

4. Reinforce what was done right(できたことをほめる)

5. Correct mistakes(間違いを正す)

6. Identify next learning steps(さらなる学習を勧める)


実際には、

1.研修医の考えを聴く「先生はどう考えるの?」

2.研修医から根拠を聴く「なぜそう考えたのかな?」

3.一般論を示す「ここで大事なことは・・・」

4.できたことを褒める「特に、・・・は良かったね」

5.間違いをただす「今度は・・・しようね」

6.次の学習を勧める「もっと勉強するとしたら・・・」

外来研修医教育への招待 第3回研修医とともに外来を ちょっとその前に(前編) [医学書院]

Five Microskills for Clinical TeachingClinical Teaching Handbook

The One-Minute Teacher:Six Microskills for Clinical Teaching(PDF)