読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

映画『救いたい』完成披露試写会2014/11/10

看護師向け,麻酔科医生活,医療全般,医療系ドラマ/映画,動画/デジカメ/プレゼン,プロ意識,マスコミ/報道
f:id:msanuki:20141110214509j:plain
映画『救いたい』完成披露試写会が大手町のよみうり小ホールで行なわれた。管理人は集合時間の12:30に余裕で間に合ったと思ったのだが、よみうりホールでは食のイベントが行われていて映画関係者は、どこにも見当たらない。エレベーター前で、事務系のおばちゃんにたづねると小ホールは、大手町の読売新聞本社ビルにあるという。有楽町のよみうりホールと思いこんでしまったのが、誤りであった。病院なら、インシデント報告ものである。山手線が有楽町に停車した時に見える「よみうりホール」というのが印象に強く、「よみうりホール」というのは、有楽町にあるという既成観念が失敗のもとである。慌ててタクシーに乗り大手町へ向かう。タクシーの運転手も読売新聞本社のホールは知らないという。たしか工事中では?と言われて驚く。タクシーのなびを調べると、工事中である。それもそのはず、大手町の読売新聞本社ビルは完成して時間がたっていないのである(2014年1月にオープンしたことが後で判明)。そうと、わかれば運転手は急いで目的地に向かうみちを考えて、ナビの示した道順ではない道順で車を走らせる。何と、信号にも引っかからず5分かからずに到着した。タクシー運転手のプロ魂を見た気がした。結局、当初の集合時間から15分遅れで到着した。
関係者受付を済ますと控室に案内される。そこでは、ちょうど打ち合わせが始まったところだった。セーフ。
13:30からの映画出演者、監督、原作者の舞台挨拶で花束を渡す場面の打ち合わせである。俳優さんの横に立つ設定に、台本ではなっているが、たぶん横に入るスペースがないので、斜め前に立って観客席にお尻を向けてわたすことになった。渡したのちに、前を向いて観客席に顔を向けて下手の舞台袖にもどる。管理人が花束を渡すのは、、、鈴木京香さん。考えただけで、ちょっとドキドキした。
さて、本番。
予定通リに、舞台挨拶は進行していた。花束を渡すのは麻酔科チームである。この映画の協力をしているのが日本心臓血管麻酔学会であるため、今回の完成披露試写に登壇することになった。管理人は、この学会の広報委員長なのである。そんなことはどうでもいい。話をすすめる。
本番では、舞台の袖から舞台挨拶を見ていたのだが、どの方もそれなりにうなずけるコメントを述べられていた。


映画ナビ最新ニュース : 鈴木京香、三浦友和ほか豪華キャストが勢揃い。『救いたい』完成披露試写会舞台挨拶リポート

 


宮城出身の鈴木京香、被災地描く主演作に「中途半端には出来ないという恐怖心もあった」 : 映画ニュース - 映画.com

(なんと、映画.comの記事には管理人の名前も、、、しかし肩書きがちょっと間違っていて、発起人ではない。)

 

舞台挨拶も終盤に近づいたところで、花束贈呈のイベントがやってきた。台本通りに、名前を呼ばれた順に舞台の下手から俳優さん達の前に立つ。花束贈呈のところでは、鈴木京香さんが、「ありがとうございます。」と言ってくれて、握手をしたのだが、見とれていて、とっさに言葉が出ない。「あわわ」となりそうだったので、軽くお辞儀をして声は出さずに「ありがとうございます」と口パクで答えた管理人だった。
 
ようやく、お役目も終わり、完成披露試写となった。管理人は、10列12番。ここは、スクリーンの真ん中の位置で、前すぎず後ろすぎず、ちょうどいい場所。監督が上映前のチェックで、劇場の音響と画像はベストな状態と評されていたが、まさにその通り。これまで5回ほど見たが、最もよいコンディションだった。画面に映る映像に引き込まれる感じがした。ストーリー以前に、映る画像がリアルな等身大の大きさに見えるのである。5回目ともなるとストーリーはよくわかっている。細部にまで目が届く様になっている。そして、感動するところ、涙が出るところも同じはずなのだが、今回は画像のリアルさも手伝ってか、感動するシーン、シーンでの言葉が心に響く。「この映画は、何度見てもいい。」ことの証明だ。そして、最後のクライマックスのシーンでは、必ず泪があふれてくる。この映画を見た後は、心が優しくなる。
 
Open in a new tabPowered by youtube


映画「救いたい」予告編 - YouTube

 

f:id:msanuki:20141110213355j:plain

最後に、映画の完成披露試写会が終わった後に、神山征二郎監督と麻酔科チームで1枚だけ記念写真を撮ってもらった。写真を撮ってくださったのは、この映画「救いたい」のカメラマンで、プロ中のプロ、加藤雄大さんである。カメラは管理人のJ4である。管理人、このとき上半身しか映らないと思ってまっすぐ立っていないのが気になる。いろいろやらかしてしまった一日であった。

11月22日(土)に全国でロードショーが始まる。ぜひ、映画館でこの映画の良さを感じて欲しい。そして、麻酔科医の仕事が、どのようなものなのかが世の人に認知されることを、切に願っている管理人である。

映画『救いたい』公式サイト