読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

映画「救いたい」、明日から全国ロードショー。麻酔科医とひたむきさがテーマ。オススメです

いよいよ、明日、11/22(土)(いいふうふ)から、映画「救いたい」が全国の映画館で一般上映が開始される。


映画『救いたい』公式サイト


映画『救いたい』予告編 - YouTube

 


救いたい の検索結果 - つれづれぶろぐ

 

麻酔科医にとっては、日本国中の方々に麻酔科医の仕事を理解してもらうことができるよいチャンスである。また、麻酔科医だけでなく看護師や外科医をはじめ、僻地で診療を地道に行っている医師の姿なども描かれ医療関係者のイメージアップにもつながる映画となっている。日本看護協会日本医師会などの後援を受けているのも納得できる。また、東日本大震災の時あるいはその後の自衛隊の活動もうまく描かれている。マスコミは、とかく医療のアラを探したり、自衛隊の悪口を書いたりしているが、この映画を見ると現場で働いている医療関係者や自衛隊の隊員に悪意や他意はなく、ただただ、ひたむきに、自分の任務を遂行する(自分の役目を果たす)ことによって世の中の役に立とうとがんばっている姿がある。東日本大震災の時にも言われたことであるが、あの状態の中、日本人は秩序を守って礼儀正しく実直に生きることを強制されなくてもできるのである。おそらく、この「ひたむきさ」は日本人が生まれながらあるいは後天的に備わった民族としての性質なのではないかと思ってしまう。この「ひたむきな」性質は、麻酔科医とても同様である。この映画「救いたい」は、麻酔科医を主人公に東日本大震災から3年後の、そこに住む人びととの関わりをモチーフに描いたリアルなヒューマンドラマである。すべての人の「ひたむきさ」が至る所にちりばめられ、この映画を見た後には、感動とやさしいきもちとすがすがしさが入り交じった状態で自分の中にあることに気づく(多くの人がそうかどうかはわからないが、私の中にはその様な感覚がある)。「ひめゆりの塔」「ラストゲーム 最後の早慶戦」「遠き落日」「ハチ公物語」「ふるさと」神山征二郎監督の力作である。


神山征二郎 (コウヤマセイジロウ,Seijiro Koyama) | Movie Walker

 


映画「救いたい」神山征二郎監督 世界に見せたい「ひたむきさ」(1/2ページ) - 産経ニュース


「忘れてはいけない」思い新たに ──映画『救いたい』鈴木京香&三浦友和インタビュー シネマトリビューン

 


鈴木京香と三浦友和が語る、結婚観と夫婦の理想型とは? | ニュースウォーカー