つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

4日間の奇跡ロケ地ツアー

5月の連休に我が家のもう一人の麻酔科医(当家のPCの増殖を抑制しているお方)と2人で、角島(つのじま)に行ってみた。題して「4日間の奇跡ロケ地ツアー」である。ロケで作った赤い屋根の教会が目当てであった。山口県の北西にあって本州から島に向かって橋が架かっている。この角島大橋を映画のように気分よく車で走る予定であった。しかし、連休とあって観光客いっぱい橋は大渋滞だ。橋を渡り、灯台公園まで約40分弱、歩くのとさほど変わらない。天気がよく、たまにはのんびり海を見るのもいい。

さて、肝腎の赤い屋根の教会はあったが、中には正面からは入れない。しかし、別のところに入り口ができていて、誰でも中にはいることは可能である。男と女は別々のところから入らないといけない様に改造されていた。ちょっと笑ってしまった。気になる方は、是非行って現物を確かめてみてください。

あれから、10日ほども後にこのような話を書いている。そのわけは、最近、平原綾香Eternalyが耳について離れないためである。しかし、曲とイメージがぴったりの風景であった。