つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

Child-Pugh分類

この4月からの保険改正で全身麻酔での重症患者についての定義があります。保険請求上、やや高額の請求ができます。そのなかで、NYHA分類というのはおそらく市民権を得ていると思いますが、CCS分類やChild-Pugh分類はもう一つです。国家試験直後の先生方にはそれほどでもないのですが、老練の医師にはすこしややこしい分類です。Child-Pugh分類なんかは昔、Child分類といっていたものの進化版です。
 Child-Pugh分類

1点 2点 3点
ビリルビン(mg/dl) 1-2 2-3 >3
アルブミン(g/dl) >3.5 3.5-2.8 <2.8
PT(%) >70 40-70 <4
腹水 なし 軽度 中等度
昏睡度 なし 軽度I-II 重症III-IV
肝臓の障害度を評価するための一つの分類です。点数が多くなるほど肝機能が悪い Class A: 5-6 Class B: 7-9 Class C: 10-15 (Pugh RNH, et al, Brit J. Surg. , 60, 646-, 1973) ちなみに Child分類は
A(軽度) B(中等度) C(重度)
ビリルビン(mg/dl) <2 2-3 >3
アルブミン(g/dl) >3.5 3.5-3.0 <3.0
腹水 なし 治療効果あり 治療効果少ない
脳症 なし 少ない 時々昏睡
栄養状態 不良
(Child, C. G. : Saunders. Philadelphia.(III ed) S50, 1965)