つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

MBTの足裏感覚と左右差

今年でMBTをはき始めて3年目である.ずいぶん,なじんできた靴もある.なじんできた靴があるというのは管理人は6足所有しているからだ.しかし世の中にはその2倍程度の方はざらにいるようだ.

さて,本題.最近,足裏感覚がずいぶん変わってきた.以前より左右差を感じていたのだが,ふと左右差が吸収できる歩きができていることがある.苦手な足は左足である.その左足がうまく出ていくと歩きを軽く感じる.うまく出なと重い.きっと左→右,右→左への重心移動が微妙にずれているためであろう.もう一つ,MBTは靴底が丸いのだが丸みを均等に感じることができるようになっている.以前に左足が踏めないという表現をしたが,そのような感じはない.よい歩きになってきたのだろうか.しかし,一定しないこともありまだまだ精進が必要である.