つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

インターネットを含めたマルチタスクの仕事

わえわれの仕事環境に,インターネットが深く入り込んでいる.特に,メール,WEBがある環境は,仕事をマルチタスクにしている.仕事の合間にメールが入ってきて,それに対応しようとするとWEBを開き別の仕事を始める.そうすれば元の仕事が進まない.それだけでなく,おざなりになる.始めの仕事の意欲を失ってしまう.挙げ句の果ては何をしていたか忘れてしまって,後から入ってきた仕事が優先になる.自分で,優先順位をつけているつもりでも,ある程度仕事をこなさないと元に戻れない.これでは,集中力は発揮しようがない.悪循環である.

1年ほど前に出たCNETの

「マルチタスクで人間の知力が低下する?--情報化時代のアイロニー」という記事がある.全くその通りである.

今後,仕事が片付くまではインターネット環境でメールを読まないことにしょうか.メールを読む時間を決めることにして、メールソフトを常時立ち上げないようにすることからはじめてみようか。