つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

フェンタネストのシール(その後)

臨床研修医のフェンタネストのシールのその後をお知らせしよう。相変わらず、ブームはつづいている様だ。先に紹介した研修医H氏は10月末で麻酔科研修を終了したのであるが、なんと、彼は400fents(トリビアの泉にならって”へー”ならず”フェンツ(fents)”というらしい)を突破した。完成した、シール貼付のページを見せてもらった(研修終了記念ページ)。"へー"と感動してしまう。