つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

酒商山田

もうひとりの麻酔科医おすすめの酒店が、広島市南区宇品海岸にある「酒商山田」である。2週間ほど前に、はじめて行ってみたのだが、何とも雰囲気がいい。宇品にこんなお店があったのかという驚きと店員さんの知識に圧倒されて勧められるままに焼酎と梅酒を買ってみた。管理人は焼酎にはあまり興味はなかったせいもあり、あまりまじめに聞いていなかったが、梅酒の話はずいぶんためになった。最近は、ワンショットバーなどで出している濁りのない比較的薄いアルコールの梅酒が流行っているが、元々、家庭で飲んでいたようなものは濃くて氷を溶かしながらのむタイプのものだった。今風のものがよいか、昔風のものがよいかと聞かれ、すかさず「昔風」と答えると、おすすめの2本を紹介してくれた。おすすめの1番は奈良の梅乃宿酒造の「あらごし梅酒」。おすすめの2番は鹿児島の佐多宗二商店の「角玉梅酒」である。いずれも、飲んでみたが実に梅酒らしい。管理人は1番のおすすめの「あらごし梅酒」を2日で飲んでしまった。今週、また仕入れに行く予定である。

この、酒商山田には聞き酒名人がいる。この梅酒を勧めてくれたのも、聞き酒名人だった。