つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

上腕の外旋と体の重心位置

立った状態で両手を水平に広げたのち、片方の手のひらを上に向けてください。手のひらを上に向けた側に重心が移動します。または、手のひらを上に向けた方に、多少体が回転すると思います(回転できる椅子に腰掛けた状態でやってみると回転はよくわかります)。この上腕の内外旋を使った身体操作は、様々な競技で応用されているということです。最近、見つけた”常歩無限 -もっと楽に動きたい-”というブログに解説されています。