読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

自慢力

プロ意識 ひと 知力・体力

先日、とある場所で、増井俊之さんの話を聞く機会があった。このお方、知る人ぞ知るIT系のVIPである。見た目で判断できないところがある。まず、すごい早口で言っていることが聞き取りにくいのだが、わかると常におもしろい事を言っている。発想がすごい。さりげなく自慢になっている。嫌みがない。総合すると、頭がいい感じ。実は、増井さんというのは皆さんが使っている日本の携帯電話の予測変換を開発した方。最近では、iPhoneの日本語変換に採用されて(ひそかに)話題になっている。名前はPOBoxである。PKBoxと一字違い。

この方の、話によく登場するのが"自慢力"という言葉である。この人の生き方自体が自慢力なのかもしれないと思った。30分程度の講演であったが、かなりおもしろかった。

twitterもやっているみたいなので、フォーローしてみたい。