つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

Tarzan490号のMBTの記事

またまたMBTについての記事を発見した.Tarzan490号のp.58-59「MBTの本当の凄さについて走りのプロが語り合った!」である.たった2ページしかないが,この中には歩きに関する重要なヒントが隠されている.管理人が2年間かかってつかんだ,正しい歩きの感覚をうまく言葉にしている.

「重心は前に踏み出した脚と後ろ脚の間にあるのではなく,いつも踏み出した足にある.股関節や足首が硬くハムストリングや殿筋を上手に使えていない人がおおい.」「MBTを正しく履いた場合,MBTの足底は踵外側と外周部,そして指の付け根の中央が摩耗します.」などはまさにその通り.踏み出した足に重心が100%ある感じは非常に大切だとおもう.これができていないというのは,重心が踏み出した足でない方にも残っている場合である.管理人は,これを認識するのに時間がかかった.