つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

ヘッドマウントディスプレイ「UP」

図1.jpg電脳麻酔ブログにも紹介されているが、ニコンからヘッドマウントディスプレイ「UP」(ユー・ピー)が発表された。メディアファイル再生のほか、WiFiでインターネット接続も可能で、「究極のモバイル」をうたう。

ヘッドマウントディスプレーと聞くと目がない、管理人である。以前も、ヘッドマウントディスプレー(島津製作所)でファイバー挿管をしてみた(学会発表済み)。

このとき使用した、島津製作所のものは120g、今回発表されたUPは385gで圧倒的に島津製作所のものが軽いが、無線LANは利用できず電源も必要だった。それを考えるとUPには、無線LANでの画像伝送が気になるところである。ぜひ,一度さわってみたい製品ではある。

究極のモバイル――ニコンの新提案「UP」(ユー・ピー) +D-LifeStyle

メディア ポート「UP300x」、「UP300」の発売について Nikon

ニコン、ネット接続できるヘッドマウントディスプレイを発表