読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

ふたりでおさんぽ電車編

ふたりでお散歩201409

麻酔と救急のために 第8版

麻酔と救急のために 第8版が発行されます。 第8版は初版と同じ色の表紙(うす水色)としました。発行は2012年5月31日です。 写真は懐かしい初版(平成元年発行)と第2版の表紙です。 冊子体の申し込みは、以下のWEBから「麻酔と蘇生」編集部に申し込めます。…

弘前城

弘前といえば、城下町。弘前城だろう。金曜日の夕方から日曜日の朝まで、弘前に滞在した。土曜日は一日中、雨~くもりで、お城を撮りに行ってはみたもののぱっとしない。空が暗い要因が大きいのと、天気が悪くて管理人の気持ちの盛り上がりも欠けていた。今…

仏像ブームである

古くてよいものといえば、最近は仏像ブームである。数年前から少しずつ火がついていたそうだが、昨年の国立博物館で開催された、阿修羅展あたりから仏像ブームはさらに加速したそうだ。今年も10月8日(金)~12月12日(日)まで、東京・上野公園内の東京国立博物…

60年前のハロセンの気化器

電脳麻酔ブログでも臨床麻酔学会のドレーゲルのブースに展示してあった気化器の話題を取り扱っているが、その隣に、ひっそりと飾られていた、骨董マニアには垂涎の気化器が飾ってあった。日本のドレーゲル社に密かに保管されていたもので、本社から返還指令…