つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

APSFのVAM

APSF(Anesthesia Patient Safety Foundation)VAM(Virtual Anesthesia Machine)とは,仮想麻酔器のことでコンピュータ上で麻酔器の操作が体験できます.使用は無料でユーザー登録のみでダウンロード可能です.このソフトウエアは,マクロメディア社のFlashPlayer(こちらも無料でWindows版とMacintosh版があります)上で動作します.

VAM日本語版が発表されています.日本語版の作成には筑波大学麻酔科の助川先生,水谷先生と順天堂大学麻酔科の釘宮先生の監修でできたとあります.感謝m(_ _)m