つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

なんば歩き(8)

「高岡英夫の歩き革命」という本がある.この本の説くところは,ゆるめることで効率的な運動を行うことである.なんば歩きに通じるものがある.お奨め書籍である。

この書籍の中で、歩きに関する下半身の関節をゆるめることはもちろんであるが、肩甲骨の使い方に関して、矢羽の話として解説していて、イメージとしてわかりやすい。

●高岡英夫の歩き革命”ゆるウォーク”のバイブル/歩きが変わると体も心も生き方も変わる!

この本の,帯のセリフである.

この本は,歩きの基本を解説している.歩きの本の中の基本中の基本とも言うべきものである.

わかりやすい!段階を追って「ゆるむ」(自動詞)ことをレッスンできる.ゆるんで歩くことをレッスンできる.

レッスン以外のところには,易しい解説があり医学的な知識がなくても問題ない.この本を読んでから,以前に紹介した「動く骨(コツ)―動きが劇的に変わる体幹内操法」を読めばよかった.しかし,この著者,たくさんの書籍を出版している.