つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

腰の真下で着地する

街でよく見かける歩きかたと管理人が良い歩きと推奨する歩き方の違いをイラストで描いてくれている人がいた。「芋焼酎をこよなく愛する男の日々」というブログである。左右に並べて書いてくださっているのでよくわかる。良いのはもちろん左側である。着地するときには腰の真下に着地する様にすると右の図のようになる。腰の真下で踵から着地しようとすると腰がすでに着地しようとするとする位置まで出ていなくてはならない。つまり足をつく位置は、腰の出方によって決まるということである。微妙に足をつく位置がずれていると、その一歩だけでなく次の反対側の足をつくときに影響してくる。また、この歩きをまじめにやるとドシン、ドシンというようにロボットのようになるので、スムーズに歩くためには微妙に上下運動を関節で吸収する様に歩く必要がある。