つれづれぶろぐ

さぬちゃんの麻酔科医生活

あらためて自己紹介

管理人の自己紹介がmsanuki.comから消えて久しい。Googleなどでちょっと探せば出てくるのだが、最近でもないか、数年前にAppleの取材で掲載されている記事はご存じの方も多いであろう。この春にでた、「広大人通信」に掲載されている記事もとうとうインターネット上に掲載されている。この「広大人通信」は、「笑っていいとも」形式で登場して欲しい次の先生を一人紹介するということで、つながっていく。ほとんど紹介されているのは偉い教授クラスの先生ですが、管理人に話がきたとき、そんなことを知らずに取材を二つ返事で受けてしまったことを後悔している。

また、この「広大人通信」は教職員に紙(新聞のような)で配られるのだが、いずれインターネットにも掲載と言われて、それならいいかと思ったのでした。

管理人が次に紹介したのは、大学院生時代の実験・研究の師匠。当時は日本学術振興会特別研究員だったが、現在は教授になられている。師匠から、多くを学ばせていただいた。

後日談で、師匠も、「取材を断ろうと思ったのだが、推薦者がさぬちゃんだったので断れなかった」らしい。「笑っていいとも」形式は、ある意味、恐ろしい紹介方法である。

ちなみに管理人を紹介してくれた先生は、外科の先生で第1号に出ている先生である。